レーシングカート体験走行会

KART DE TRAINING

レーシングカートに乗ったことがない方も
4輪のトレーニングに、という方も

F1ドライバーをはじめ、多くのトップドライバーが、このレーシングカートからモータースポーツキャリアをスタートしていることはあまりにも有名です。
しかし、「興味はあるけど乗ったことがない」という方が多いのも事実。

それは本格的なレーシングカートを手軽な料金でレンタルしてくれるところが少ないから。

そこでチームクレバーレーシングでは、本格的なレーシングカートを手軽な料金で皆さんに楽しんで頂くために定期的にレーシングカート体験走行会を実施しております。

1stステージ
日程
参加料

1日開催

第1回 2021年6月12日(土) イタコモータースポーツパーク(茨城県)
16,000円 (税込)
第2回 2021年10月9日(土) イタコモータースポーツパーク(茨城県)
16,000円(税込)
第3回 2021年12月26日(日) イタコモータースポーツパーク(茨城県)
16,000円(税込)

参加料にはカートレンタル料、走行料、ガソリン、オイル代などが含まれています。
※当クラブの会員は1,000円引きです。

注:コース占有の状況により日程が変更になる場合がございます。(あまり直前で変更になる場合はありませんが)

2ndステージ
日程
参加料

1日開催

第1回 2021年5月8日(土) 新東京サーキット(千葉県)
17,000円(税込)

第2回 2021年7月17日(土) 新東京サーキット(千葉県)
17,000円 (税込)

参加料にはカートレンタル料、走行料、ガソリン、オイル代などが含まれています。
※当クラブの会員は1,000円引きです。

注:コース占有の状況により日程が変更になる場合がございます。(あまり直前で変更になる場合はありませんが)

募集人数 各回10名くらい
走行時間 12分~15分くらいの走行を5回~6回、疲れるくらいの走行量です。
参加資格
1stステージ
カートライセンス等不要。
原則、身長155センチ以上、すごく太っていない方。
レンタルマシンを大切に乗って頂ける方。
高校生、中学生の方も、ご相談下さい。
参加資格
2ndステージ
1stステージと同様でかつ
1stステージにおいて、イタコをスピンせずに走行できる方、またはそれと同等レベルの方。
使用車両 ヤマハ製2ストロークKT100エンジン搭載マシン。(一般的なカートレースで最も使われているエンジン)
タイヤはスリックタイヤ使用、ミツションなし。
操作はいたって簡単ですが、最高スピードは100kmくらいでます。
服装 ヘルメット(フルフェイスでバイザーのあるもの)・グローブ、厚手の長そで、長スボン、運動靴をご用意ください。
場合によっては、こちらで用意したレーシンクスーツを着て頂く場合があります。
お持ちでない方はレンタルいたします。
スーツは無料ですが、ヘルメット1,000円、グローブ1,000円のレンタル料が必要になります。
お申込の際に、必要なものを明記の上、参加料と一緒にお支払い下さい。
受付期間 開催日の2ヶ月前から1週間前まで(その後はお問い合わせ下さい)
申込方法 ①WEB申込フォームに必要事項をご記入の上、3日以内に参加料を銀行振込にてお支払下さい。

所定の申込書に必要事項をご記入の上、
②申込書を Fax (03-3766-3351)し、3日以内に銀行振り込み

③申込書に参加料を添えて現金書留にてお送り下さい。申込書と参加料が揃った時点で受付完了となります。
締切日は1週間前までです。(その後はお問合せ下さい)

お申し込みはこちら

振込先 三井住友銀行 大森支店 (普)1653667 チームクレバーレーシング ダイヒョウ ヒラツカユキヒト
主催・申込先・お問合せ チームクレバーレーシング
〒143-0012 東京都大田区大森東1-32-5-901
03-3766-3312  FAX 03-3766-3351
雨天の場合 通常の雨の場合は開催いたします。

台風などにより、やむを得ず中止になる場合もありますが、その際は原則、次回に振り替えとさせていただきます。
どうしても都合がつかない場合は事務手数料1500円を差し引きご返金いたします。

こんな方にお勧め 1.レーシングカートに興味がある。

2.通常のレンタルカート(60kmくらい)では満足できない。

3.サーキット走行のトレーニングとして活用したい。

4.スポーツカーに乗っていないがモータースポーツを楽しみたい。

5.親子で、または、お友達同士でモータースポーツを楽しみたい。

チームクレバーレーシングがレーシングカートを勧める理由は…

レーシングカートが乗り物として「楽しい」ということもちろんだがスピードに対する感覚を磨き、維持することが手軽にできるということ。

タイヤのグリップを感じとって走ることなどは、カートもレーシングカーも同じことですよね。

モータースポーツのトレーニングとして一番効果的なことは、やはり「走り込み」ただし、毎回レーシングカーや自分の車でサーキットを走るとなると費用もかかる。

他のスポーツで考えてみればわかりやすい。

例えば野球。18人いなければ出来ない大切な練習もあるが、2人で出来る、1人でも出来る練習もある。2人で出来る練習がきちんと出来ていなければ、18人の練習がうまくいくはずもない。

また、2人で練習をするために大きなグラウンドを借りる必要もないだろう。

車も同じ。車の大小、コース大小、全く関係ないとは言わないが、車の動きを感じながら走らせることや自分の周囲を意識して走ること、追い越しのタイミングを見極めること、レーシンクカートでも十分できる。

お問い合わせWEBお申し込み

その他のカートイベント

掲載準備中